TOP
    九星気学

九星氣学であなたの2020年下半期の運勢を解説します。

 九星別に2020年下半期の運勢を紹介します。
ここからは九星気学から見る2020年下半期の運勢を紹介していきます。
星座占いと並んで日本人の人気が高いもの。
それが九星気学です。
九星気学は生まれ年によってそれぞれの九星が決定されます。 星座占いと同じくらい自分の九星が覚えやすいのも人気の秘密です。
占術方法が星座占いとはまた違うので、新しく運気を上昇させるいいきっかけになるかもしれませんね。
またそれぞれの九星によっても基本性格が決まっていたりもします。

自分の九星を調べる上で一点注意が必要なポイントがあります。 九星気学の世界では、旧暦が採用されています。
旧暦の1月1日は新暦だと2月3日になります。
ですので例えば、新暦1990年の2月2日生まれの場合、旧暦上では1989年生まれになります。

オススメの運勢占い

こちらから本格的な占いをお手軽に占えます!

占ってみる

■九星気学早見表

あなたの生まれ年で分かる九星気学の早見表をご覧ください。

  • 1940年六白金星
  • 1941年五黄土星
  • 1942年四緑木星
  • 1943年三碧木星
  • 1944年二黒土星
  • 1945年一白水星
  • 1946年九紫火星
  • 1947年八白土星
  • 1948年七赤金星
  • 1949年六白金星
  • 1950年五黄土星
  • 1951年四緑木星
  • 1952年三碧木星
  • 1953年二黒土星
  • 1954年一白水星
  • 1955年九紫火星
  • 1956年八白土星
  • 1957年七赤金星
  • 1958年六白金星
  • 1959年五黄土星
  • 1960年四緑木星
  • 1961年三碧木星
  • 1962年二黒土星
  • 1963年一白水星
  • 1964年九紫火星
  • 1965年八白土星
  • 1966年七赤金星
  • 1967年六白金星
  • 1968年五黄土星
  • 1969年四緑木星
  • 1970年三碧木星
  • 1971年二黒土星
  • 1972年一白水星
  • 1973年九紫火星
  • 1974年八白土星
  • 1975年七赤金星
  • 1976年六白金星
  • 1977年五黄土星
  • 1978年四緑木星
  • 1979年三碧木星
  • 1980年二黒土星
  • 1981年一白水星
  • 1982年九紫火星
  • 1983年八白土星
  • 1984年七赤金星
  • 1985年六白金星
  • 1986年五黄土星
  • 1987年四緑木星
  • 1988年三碧木星
  • 1989年二黒土星
  • 1990年一白水星
  • 1991年九紫火星
  • 1992年八白土星
  • 1993年七赤金星
  • 1994年六白金星
  • 1995年五黄土星
  • 1996年四緑木星
  • 1997年三碧木星
  • 1998年二黒土星
  • 1999年一白水星
  • 2000年九紫火星
  • 2001年八白土星
  • 2002年七赤金星
  • 2003年六白金星
  • 2004年五黄土星
  • 2005年四緑木星
  • 2006年三碧木星
  • 2007年二黒土星
  • 2008年一白水星
  • 2009年九紫火星
  • 2010年八白土星
  • 2011年七赤金星
  • 2012年六白金星
  • 2013年五黄土星
  • 2014年四緑木星
  • 2015年三碧木星
  • 2016年二黒土星
  • 2017年一白水星
  • 2018年九紫火星
  • 2019年八白土星

2020年下半期の運勢を九星気学でひも解きます。

私の運勢が○わかり?  

 吉方位と凶方位
九星気学にはそれぞれの星の方位が決まっています。 その星にとって縁起が良い方角を「吉方位」 、逆に縁起が悪い方角を「凶方位」 と呼んでいます。 吉方位と凶方位はその年によって変わってきます。
2019年は吉方位だった方角が2020年には凶方位になっていることもよくあることです。 なので毎年吉方位と凶方位はしっかりとチェックしておくようにしましょう。

 あなたの2020年下半期の運勢は?
もし、「2020年の前半はあまり良くなかった…」
「今年はもういいことがないんじゃないか…」
と思っている人がいれば、諦めるのが早すぎます。
下半期から一気に運勢が上がる九星もありますので、自分の九星の運気が2020年の下半期にどの様になっていくのかしっかりと見ておきましょう。 諦めるのはそれからでも遅くはありません。 逆に上半期は絶好調だったという人。 どんな九星でも1年間ずっと運気が上り調子ということはめったにありません。 どこかで失速する可能性も十分にあるので、気を付けなければなりません。

次のページでは九星別に基本的な性格と運勢、恋愛運、仕事運、運勢アップの吉方位を解説しています。